関係別にみる出産祝いの金額相場

topi

出産祝いの金額の相場や、贈るときに気をつけたいポイントについてご説明します。金額の相場や渡し方に気をつけて、相手に失礼にならず、心から喜んでもらえるような出産祝いを贈りましょう。

出産祝いの金額相場は、贈る相手によって異なります

出産祝いは、誰に贈るかによって、相場が大きく異なるもの。住んでいる地域や贈る相手との関係性によって、変わる場合もありますが、まずは一般的な出産祝いの相場を知っておくことが大切です。

兄弟姉妹に贈る場合の相場

兄弟姉妹に贈る一般的な出産祝いの相場は、1万円~3万円と言われています。

金額に幅があるのは、贈る側の年代で金額が変わるためです。贈る側が20代の場合は、1万円が相場ですが、30代になると、贈る側が独身なら1万円、既婚者の場合は3万円包むなど、さまざまです。

ですが、兄弟姉妹は、最も身近で気を遣わない相手ですので、相場は相場として考えて、直接金額を相談して決めるのもいいでしょう。

具体的に欲しいものをリクエストしてもらったり、商品券やギフトカードにしてもいいかもしれません。

従妹や甥・姪など、親戚に贈る場合の相場

親戚に出産祝いを贈る場合の金額相場は、5,000円~1万円です。兄弟姉妹に贈る場合と違い、金額の相場に贈る側の年代はあまり関係ありません。

地域によっては、お祝いの額が決まっているところもありますので、確認しておきましょう。親戚同士でこれまでにお祝いのやり取りがあり、金額がすでに決まっていることもよくあります。

さらに、親戚に贈る場合は、自分だけでなく、自分の兄弟や親もお祝いを準備していることも十分考えられます。

兄弟で金額にばらつきが出たり、親よりも金額が多くなってしまうことのないよう、事前に確認しておくのを忘れないようにしましょう。

友人に贈る場合の相場

友人に出産祝いを贈る場合の相場は、友人との関係や、どの程度親密かによっても異なり、一般的には5,000円~1万円となります。

それほど親しくない間柄の場合は、相手を気遣わせない程度の金額にし、長い付き合いの友人や親友には、相場以上のお祝いを贈ることで、赤ちゃん誕生の喜びを分かち合いたいという人もいるようです。どの程度のお付き合いなのかを考えて決めましょう。

また、友人同士でお金を出し合い、連名で出産祝いを贈るというケースもあります。この場合は、全体で1万円~3万円、一人あたりの金額は3,000円~5,000円程度が相場です。

サークルなどが一緒で、お付き合い程度に贈る場合は、やや抑えた金額になることもありますが、いずれの場合でも一人あたりの金額は、1,000円以上になるようにします。

お祝いの予算が少額になることで、贈った相手が、内祝いを選びにくくなってしまうことを避けるためです。出産と赤ちゃんのお世話で疲れている相手を気遣う気持ちを忘れずに。

会社関係の人に贈る場合の相場

会社関係の人に出産祝いを贈る場合は、3,000円~1万円が相場となっています。相手によっても異なり、同僚なら3,000円~5,000円、先輩や上司なら、5,000円~1万円が相場です。

あまり多すぎると相手に気を遣わせてしまう場合もありますので、どの程度親しいか、お世話になっているかを考え、多すぎず少なすぎない金額を設定するようにしましょう。

出産祝いを贈る際に気をつけたいこと

出産祝いを贈るのに適した時期や、祝儀袋の書き方などをご紹介します。

出産祝いを贈る時期

出産祝いは、生後1週間~1か月以内に贈るのが一般的とされています。生後1週間以内は、出産直後で体力を消耗している時期ですので、避けた方がよいでしょう。

生後1か月を過ぎると、贈られた相手は出産内祝いの準備に入る場合が多いため、この時期に贈った方が余計な手間をかけさせずに済みます。

そして、出産祝いを贈る際には、「無事に出産を終えたこと」、「母子ともに健康であること」を確認してから贈ります。出産は命がけで、産まれるまでは何が起こるかわからない一面もあります。出産予定日がこのあたりだったからと、確認せずに送ってしまうことは絶対に避けましょう。

出産祝いは手渡し?配送がいい?

お祝いというと、配送よりも直接会って渡す方が礼儀正しく、お祝いの気持ちも伝わると考えるのが一般的です。

ですが、出産祝いの場合は、配送でも失礼にはあたりません。出産と赤ちゃんのお世話で、体力的にも疲れていて、睡眠時間も満足にとれないお母さんがお客様を迎えるのは、本当に大変なこと。相手から、「ぜひ来てほしい」というリクエストがない場合は、配送にした方が無難でしょう。

この時期は、メールや贈り物に添えたメッセージでお祝いの気持ちを伝え、落ち着いてきたころに改めて会う機会を設ければ、相手もあなたの気遣いをうれしいと感じてくれるはずです。

出産祝いの祝儀袋の書き方と注意点

noshi

出産祝いには、熨斗(のし)紙をつけて贈ります。出産は、何度あってもうれしいことですので、紅白の蝶結びの水引を選びましょう。表書きには、「御祝」、「御出産祝」、「出産御祝い」などが一般的です。

水引の下には、贈り主の名前をフルネームで書きます。連名で贈る場合は、五十音順に書き、人数が多い場合には「○○一同」とするとすっきり収まります。

その場合は、相手が内祝いを贈る際に困らないように、内袋に全員の名前を記しておくといいでしょう。現金を贈る場合は、新札を準備するのをお忘れなく。

金額相場別の出産祝いおすすめアイテム

「現金よりも品物を贈りたい」というときにおすすめの贈り物を、出産祝いの相場金額別にご紹介します。

3,000円以内の場合

bib

贈る相手を気遣わせないこれくらいの金額でも、喜ばれる贈り物はたくさんあります。海外ブランドの可愛らしいおもちゃは、低月齢から使えるものもあり、価格もさまざまなのでおすすめです。

素材にこだわった日本製のタオルやガーゼなども実用的で喜ばれます。お出かけの時に使えるようなおしゃれなビブや帽子なども、複数あっても困らず貰って嬉しいアイテムです。

5,000円~1万円の場合

5000

一般的な出産祝いの相場にも近いこのくらいの金額だと、選択肢も増えてきます。中でもおすすめなのが、80~90cmサイズの洋服です。

産まれてすぐの赤ちゃんの服(50~60cm)は、すでに準備してある場合がほとんどですが、生後半年を過ぎた赤ちゃんの服は、まだ揃えていない場合も多いもの。

凝った素材やデザインのかわいい1枚を贈れば、きっと大活躍してくれるでしょう。

1万円以上の場合

10000

このくらいの金額になると、いろいろなアイテムとの組み合わせもできるようになるので、コーディネイトされた洋服のセットやおもちゃのセットが人気です。

相場より少し奮発してお祝いしたいけれど、何を贈ろうか迷う場合は、欲しいものを相手に確認してから贈るのもおすすめ。

赤ちゃん向けだけでなく、マザーズバッグやメモリアルグッズなど、ママ向けのアイテムを提案すると、喜ばれるかもしれません。

相手を気遣いながら、スマートに出産祝いを贈ろう

のし
出産祝いは、贈る相手や贈る側の年齢によって相場が異なっているため、事前にチェックしておくことが大切です。お祝いの気持ちがしっかりと伝わるような贈り方を考えましょう。

パンパンチュチュでは、女の子の憧れをギュッとつめ込んだギフトコレクションをご用意しております。赤ちゃんだけではなく、ママ・パパも喜ぶとっておきの出産祝いギフトをぜひチェックしてみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加